共通の体感温度

すごく暗くて、でも未来のある話です。私は学生時代、同じ言葉を話しながら楽しいと思えるとか、何か分からないけどこれが気持ちいいを同時に体感できる、またはしているであろうという友達はほぼいなかった。
でも、今日好きな店の周年で軽く飲みに行って帰宅した今、その店でできた友達の結婚式の余興で作った映像や、披露した音楽を聞いていると、彼らとの共通言語はないとしても、共通の体感温度は間違いなくあって、そんな尊いことが私が体感できるなんて、とびっくりしている。ONE PIECEじゃないけど、ある一定の限られた場所では生きづらいことがあっても、海に出ればきっと会えるということなんだなぁ。

  • 2019-06-20
  • ...

やっぱり過程も大事

2年ぶりぐらいにportfolioを作っています。で、作る理由とは別に去年の11月中旬から年末までずーっと落ち込んでいました。写真のことで、号泣もしたし、いろんな人の前で泣いてそれでもそれでも解決しなくて、最後の綱で連絡した人がようやく解決口を見つけてくれたと信じています。解決口を見つけたと思っていても、結果解決までは至っていなくて、そういう意味ではずーーーっとずーーーっとへこんでいて、あぁもう限界!誰かに連絡しようかなと思っていました、昨日の昼まで。そんなときに、portrfolioを作るきっかけをもらって、そもそも作ろうかどうしようか悩んでいました。昨日の昼まで。

夕方にやっぱり作ろうと思って、自分のプライベートの写真も去年や一昨年の仕事の写真も見て、あぁ結構仕事楽しかったんだなぁって思いました。そしてプライベートの写真はモニターでは何度も見てるけど、やっぱり紙にするともっと私を励ましてくれて、多分私は得意分野があって、それも持ちつつ次のステップに行く時季なんだなと思いました。

でね、過去を振り返る行為って私あんまりしないけど、去年一昨年が楽しかったらありがとうって思えるし、楽しくなかったら私は負けずぎらいだからなにくそ!って思うの。そういう時間って大事だし、本当に本当の意味で去年の11月中旬以来に上を向いたの。気持ち的にね。そうしたら、portfolioを作ってる最中にこんなに閑散期なのに楽しい仕事がきた。
やっぱり、私にとって気持ちが上をむくとか、なにくそ!って思うことって大切なことだなと思ったの。

それが思いの丈。

  • 2019-01-19
  • ...

2018年

クリスマスが終わって、年末ムードの漂うこの感じが好き。福井は雪が降り始めて、寒い冬の日。仕事納めです。今年はいろいろあったなぁ、と。初めてのことが多かった。手先を動かしたいな、と思い始めてバイトを週に1回始めて、よく考えたらフリーになってから、バイトしたの初めてだな、と。ぎっくり腰にもなりました。作家活動も少し始めて、初めて作品が売れました。神隠しにもあいました。私は神隠しと信じていて、周りの友人は泥棒なんじゃないかと心配しています。でもなくなり方が不思議なので、神隠しかと!または友人は次元が変わったと言います。(怪しい話。こんな話大好きです。)最後に、すごく我が儘で贅沢な悩みができて、どう向き合えばいいのか分からなかったんだけど、すごく良い悩み事だから大事にしていたんです。忘れないように、風化しないように、ずっと。まだ解決していませんが、ようやく解決糸が見つりました。来年は、歯医者に行くこと、ヨガを始める、自分が惹かれる瞬間以外のものことを俯瞰で見ること。それが目標です。今年もお世話になりました。よいお年を。

冬木君の作品”To you”の作品を撮影させて頂きました。フリップブックの作品(いわゆるパラパラ漫画)です。パラパラ漫画の内容は女の子の唇が閉じた状態から、ふーとしてる内容。作品と現実が風というものでリンクするような感覚的な作品、なのかと。ここまで説明したら、もう後は想像すると分かりやすいと思うし、私は語彙力がないので後はもう語らず。冬木君の作品の撮影は
A NEGATIVE EVAGINATE“以来でした。

冬木君は、大阪にシェアハウスがあったときに知り合った友人で、シェアメイトの1人の加藤君の友達。ときどき、冬木君、都、加藤君と私の4人で飲んでました。大体最後は4人でシェアハウスに戻って、ぐだぐだと喋ってたなぁ。都は夜中に自分の家に帰って、加藤君が寝落ちして私も冬木君も寝る。みんな良く寝るメンバーだから、みんな昼頃に起きて、散歩がてらお昼ご飯っていう流れだったな。

冬木君と加藤君の会話が面白い。(多分2人は頭がいいんだろうなと思う。)話してる対象はそんなに難しくないんだけど、何を話してるか分からない。もちろん日本語だから、単語では分かるんだけど、私は何でそんな口語文になるのか分からない。ときどき私が『こういうこと?』って聞くと、どちらかから『あ、そうそう』とか『いや、違くて』ってよく返ってきた。何て言うか、例えばリンゴは赤いっていう内容が、何で赤いのかどういう赤なのかっていう話をしてるとしてら、リンゴの話をしてるんだけど、リンゴから離れた対象物でしかも言葉が(私の分からなさレベルでいうと)論文とか学術書を聞いてるくらいの言葉と返しのスピード。私はよく2人の会話を『良く分からない話』と言ってた。

でも2人が少し先を歩きながら、その『良く分からない話』を聞くのが好きだった。福井ではもっと現実的か、ロマンの話しか聞かないなと。久しぶりに『良く分からない話』を聞きたいなと思った私でした。

冬木君_http://ryotarofuyuki.com
都_http://poriff.com
加藤君_http://masakikato.jp

考え事

最近は良く考え事をする。我慢やグレーや道徳のことについて。秋だからかな。とりあえず私は忍耐強い人間じゃなくて、素直な人間になろうと思った。ある程度仕事が終わるまで、飲みたいなと常々思ってる人とは飲まない!と決めて仕事をしてしてたんだけど、とうとうゴールが見えてきて、約束もしてないのにあの人と飲もう!と決めたときの自分の心の解放感。何を自分で勝手に自分を縛ってたんだろうと思った。まぁ、これも解放しすぎるとただの仕事をしない人なんだけど、バランスを取るって大事。

categories
works - family
works - others
personal
...
gift

© cocoon all rights reserved.

ページトップへ