冬木君の作品”To you”の作品を撮影させて頂きました。フリップブックの作品(いわゆるパラパラ漫画)です。パラパラ漫画の内容は女の子の唇が閉じた状態から、ふーとしてる内容。作品と現実が風というものでリンクするような感覚的な作品、なのかと。ここまで説明したら、もう後は想像すると分かりやすいと思うし、私は語彙力がないので後はもう語らず。冬木君の作品の撮影は
A NEGATIVE EVAGINATE“以来でした。

冬木君は、大阪にシェアハウスがあったときに知り合った友人で、シェアメイトの1人の加藤君の友達。ときどき、冬木君、都、加藤君と私の4人で飲んでました。大体最後は4人でシェアハウスに戻って、ぐだぐだと喋ってたなぁ。都は夜中に自分の家に帰って、加藤君が寝落ちして私も冬木君も寝る。みんな良く寝るメンバーだから、みんな昼頃に起きて、散歩がてらお昼ご飯っていう流れだったな。

冬木君と加藤君の会話が面白い。(多分2人は頭がいいんだろうなと思う。)話してる対象はそんなに難しくないんだけど、何を話してるか分からない。もちろん日本語だから、単語では分かるんだけど、私は何でそんな口語文になるのか分からない。ときどき私が『こういうこと?』って聞くと、どちらかから『あ、そうそう』とか『いや、違くて』ってよく返ってきた。何て言うか、例えばリンゴは赤いっていう内容が、何で赤いのかどういう赤なのかっていう話をしてるとしてら、リンゴの話をしてるんだけど、リンゴから離れた対象物でしかも言葉が(私の分からなさレベルでいうと)論文とか学術書を聞いてるくらいの言葉と返しのスピード。私はよく2人の会話を『良く分からない話』と言ってた。

でも2人が少し先を歩きながら、その『良く分からない話』を聞くのが好きだった。福井ではもっと現実的か、ロマンの話しか聞かないなと。久しぶりに『良く分からない話』を聞きたいなと思った私でした。

冬木君_http://ryotarofuyuki.com
都_http://poriff.com
加藤君_http://masakikato.jp

◯

work for @h_fusion 18AW撮影を担当しました。撮影、終わると寂しい。早く楽しい撮影したいから、今はひたすら溜まってる仕事を片付けてる。スピードって大事ね。

◯

metro min. 10月号の重要”食”文化財のページを撮影担当しました。誰の為に頑張ればいいのか分からない取材は苦手だけど、今回は東京にいる福井の友人を思って撮影しました。私が東京にいるときに、駅で福井の広告を見たときはやっぱり嬉しかったのです。metro min.は地下鉄に置いてあるフリーペーパーなのかな?多分。精進料理の美味しさに感動して、近所に素敵なお豆腐屋さんがあることを知りました森本美絵さんの競技場とクレーンの美しい写真が目印です。今日の福井は天気が良くて、西陽がキレイに入る事務所では仕事進まず。仕事したい。#cocoon_works

◯

work for coffee valleyエスプレッソマシーンってあっという間にエスプレッソが出来てしまう。右後ろには、顔も性格も好きなクライアントさんから撮影できる時間の秒読み攻撃、左前にマイラブうみちゃんが、私が正解のスナップしか撮れてないのを察してにやにや。ヤバと思いながら、3回目のエスプレッソを入れてもらった時に、この場所を見つけて、ピントがあって、シャッター切れたときは神様ー!って思った。coffeevalley.jpよく見ると、風が強い日と分かる外観の写真もお気に入りです。昼も夜もこのサイトをのぞいて見てください。どうでも良い話だけど、週末は12年婚礼やってて初めての、先週末は撮影、今週末は参列。しかも同じ会場で兵庫で。何で、こんな初めてのミラクルが県外で起こるのか不思議。#coffeevalley #cocoon_works

◯

work for @spec_espace 1人静かにブツ撮りと風景を撮影する時季がやってきました。そして、久々にお仕事についてblog書きました。相変わらず、音ありの賛否両論あるwebです。とは言え、私は自分のHPが好きですが。写真は恥ずかしいのが多いからいい加減更新したいです。http://www.cocoon-photo.com/diary/works/写真を撮って仕事をすること#cocoon_works #specespace

categories
works - family
works - others
personal
...
gift

© cocoon all rights reserved.

ページトップへ