黄色い手紙

少しは落ち着いたかのように思う今日この頃です。この自粛要請期間、私は母と過ごしたり、台所を使いやすくしたりと家の中の小さな小さなマイナーチェンジ、そして家庭菜園と畑活動を開始しました。なんて書くとまるで今のinstagramでよく見る、自己承認欲求の強い投稿になる。(こういう感じか!自己承認欲求とは。)上記のことは嘘ではないけど、ほとんどゴロゴロしてました。昔のドラマを見たり(ロンバケやっぱり最高!)寝たりと。そしてこのコロニャンのことをきっかけに起こってること、またはそれきっかけに気になることを調べたりすると、ただただ凹む一方。そんな中、具体的にこれからの案なども考えられず、でも自分の目指す世界は揺るぎなくて。そこにたどり着くための、一縷の行動を起こす勇気もない。また寝る、ドラマ見る、凹む、考える、凹むの無限ループでした。身体と心は繋がってるとは、本当だなぁと心から思います。

その無限ループのときに、小包が届きました。それは、コロニャン騒動の初期の頃に尊敬しているお洋服のブランドが抽選をしていて、それに応募したら、まさかの!当選したのです。抽選の応募など、ほとんどしたことのない私が、3名にしか当たらない内の1人でした。しかも当たる服は、そこのブランドの私が持ってる服の中で一番好きな服。(本当に気に入ってる服は2枚以上持ってるタイプ)それだけでも、相当嬉しいのに箱の中には黄色い封筒に、ピンクのハートのシールが貼ってあるお手紙が入っていました。そこのお洋服を買うとお手紙が入っているのですが、いつもは白い封筒でシールは貼っていなくて、凛とした佇まいです。この黄色いお手紙に、見えないエールが届いた気分になりました。気持ちを少し明るく軽くしてくれる黄色に、ハートのシール、送って来てくれるタイミングは皆の気持ちが少し軽くなって、荷物が受けとりやすいとき。もちろんいつも通りの箱をあけたら香る、なんとも言えないいい香り、初めて袖を通すときにその残り香に癒され、いつもの感動もいつも以上でした。見えないエール受けとりました、ありがとう。

今回のコロニャン騒動で、本当に個人個人から世界は変わると思っています。働き方はもちろん、人間関係、結婚観、お金に対する考え方、死生観など。私はようやく前を向く事ができて、マイナスの無限ループの時期の前から耳に入って来た情報を素直に前向きにすんっと受けとめることが出来ました。本当に今こそ世界は良い方向に変わると信じています。

とりあえず、私はやっぱり自然が好きだし、地球が好きだし、宇宙が好きで。そこだけはどうしても曲げられないから、自分の経済活動や消費の仕方や、生活の仕方をこれまで以上に考えています、でもストイックすぎず楽ちんに。経済活動でいうと、やっぱりお金を儲けたいという気持ちはないし、シャッターは気持ちよく切りたいので、普段の気持ちや考えてることを作品に落とし込もうと思います。ということで、作家活動ということです。どうなるか全く分からないけど、周りの人の意見は、気のせいだなと思ってすんっとした循環を作る事にトライしてみようかと。そして家庭菜園に畑活動。そしてまさかまさかのマッチングアプリです。笑 一人で誰とも喋らない日々というのを経験して、これは孤独な老後の練習をさせられてると思って。このまま孤独な老後になったら周りに迷惑かけるし、まずいな〜と思いました。パートナーを見つける事、そして私のお母さんのようにいつまでも若い感覚で年齢に関係ない友達を作れるようになりたい。最後にいつか私も、誰かにまたは何かに黄色い手紙のような存在のものをふわっと渡せる存在になりたい。(決意表明のような内容になってしまった。)

  • 2020-05-14
  • ...

静寂

2020年4月8日

コロナウィルスによる世界の感染者/128万8372人。死者/7万482人。今まで私が体験したことのないことが起こっている。不要不急な外出も自粛の中、久々に夜の街を歩いた。私の家は繁華街の近くで、まだ夜の9時だというのに、人も車もなく、外灯と信号とコンビニのみの街。その景色が、遠い遠い未来の景色のように感じる一方、この景色がみんなの祈りが現れたもののように感じて、たくさんの感情を一人ぼっちで覗き見してるようだ。それでも川辺に咲く菜の花と、水面に映る満月に、人に見られようと見られまいと悠然と咲く桜を見ると、自然の強さに感動する。こういうことが起こると、私は人間が悪いんだよなぁといつも凹んでしまう。それでも、SNSを見ると少しずつ世界は良い方向に変わっているのではないかなと思う。今回のことがきっかけで、少しでも人の意識が変わって、自然とそして今世界を脅かしてるコロナウィルスを含めあらゆる細菌とも、上手に共存していける世界がやってくるように、身近なことからできることをしようと思う。(やはり思いが溢れすぎて上手に文章にはできない)

ハッピーの瞬間を逃すな!

念願の五島列島にいってきた。何故五島列島かと言うと、魂レベルなのか潜在意識のひとつになのか、隠された宗教がどうしても気になっている。世界史が大の苦手だったのに、隠れキリシタンとヒトラーはどうしても気になる。それでとりあえず現実的に行ける場所は五島列島かなと思っていた、そして母に言った。『今年五島列島に行こうと思ってる』母は『いい!お母さんも小笠原諸島と五島列島に行きたかった』その瞬間(今は分からないけど)あ、母はあきらめたんだ、だとしたら私はこの気持ちを逃したら行けなくなるかもしれないと思って、絶対に行こうと思っての去年の秋に実行した。

チケット取った。宿は任せた。ガイドブックはきたない絵に見える、もちろん読めない。そんな中たまた見つけたのだ。好きなアーティストのライブがどうやらやるらしい。しかも世界遺産の教会で!絶対絶対行きたい。ライブのチケットの情報もない、直接問い合わせた結果売り切れで諦めた。でも行けたのだ。ライブも、教会も。

五島列島の交通手段は船。あの夢にみる紙テープ。
見たいよね〜と話してたら、見れた!参加した!!船にはライブのアーティスト、最高本当にただただ最高。

豪遊して、お金がなくなって、スーパーのお刺身も超おいしいし安い。

地元しか知らないという海に行った。石をキャーキャーいいながら皆にお土産用で拾った。音のおみやげもわすれずに。

ただただハッピーの連続の旅。本当に涙が出る程美しい島になぜ2人で行ったんだろうと思った。もっと皆で行けば良かったと思う。でもあれ以上の五島の旅はないであろう。

ハッピーの瞬間は身近にある。晴れた日曜日の中華料理で飲む昼からのビールの後のポンキッキーズ。大好きな友達の店で、大好きな夫婦に会って悩んで悩んでいろいろ買って半分こ。その後に、偶然起こる新年会、しかもそこにタイミング良くこれた大好きなお店の友達夫婦。

これは五島の旅と同じで、感とか瞬発力。もしなくても誰かからハッピーの瞬間に連絡がきたら、すぐに行動した方がいいだろう、ハッピーは連鎖するから。

categories
works - family
works - others
personal
...
gift

© cocoon all rights reserved.

ページトップへ